旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。


2024-01-01から1年間の記事一覧

カニカマはどこまでカニに近づけるのか。スギヨ「ずわい蟹のようなかにかま」を食べた

高級カニカマを買った。「金沢近江町かに酢で食べる まるでずわい蟹のようなかにかま」5本入り246円なり(写真は2本食べたあと)。石川県が誇るカニカマメーカー【スギヨ】製。 かに酢が付いてるよ! カニじゃなくて、カニカマなのに。 さて、ずわい蟹…

ミスドの良き思い出をくすぐられるアンソロジー。「ミスドスーパーラブ」

沖縄旅行から帰ってきた友人Nがおみやげをくれた。旅行前、金沢の【貴船】ですばらしい割烹を堪能した直後、一緒にミスドを買い食いしたN。 おみやげは、ちんすこうでも紅芋タルトでもなく。那覇でふらっと入った本屋で見つけて、これは…!と思ったとのこと…

京都・天橋立ビューランドで股のぞき。遊覧船で伊根の舟屋めぐり。

天橋立をめぐる京都旅、二日目。ホテルでの朝食後、天橋立の全体を見渡せる「天橋立ビューランド」へ向かった。天橋立の南側、文珠山の山上にある展望地。

京都・天橋立へ、廻旋橋を見に行く

過日、一泊二日で京都へ行ってきた。目的地は海辺の宮津市、天橋立。京都市は何度も訪れているけれど、京都市以外をめざして出かけたのは初めてかもしれない。 石川県から車で出発。我が家の5歳児に「今回の京都は電車じゃなくて車で行くよ」と告げたところ…

5歳の医者には、ちょっとやりにくい仕事。

子どもが「体調がわるい人いませんかー。いたらこっちに来てすわってくださーい」とお医者さんごっこを始めた。一度は「どこも悪くないから行かないよ」と答えたものの、最終的に「だれか体調わるい人ー!来てー!だれかー!!おかあさん来てーー!!」とな…

8番らーめんにて、夏限定「冷やしらーめん」のさっぱりした味わいにハマる

夕食に、子どもの要望により8番ラーメンへ行く。子はいつもどおり、圧倒的に大好きなおこさまらーめんセットを注文。私は店に着く前から「今日は冷たい麺にしよう」と考えていたのだけど、着いてメニューを見たら冷たい麺は3種類もあった。ざるらーめん(…

冷たくてさっぱりして、おいしいものたち

今週のお題「冷たい食べ物」 冷製トマトポタージュ トマトを一気に大量にもらう機会が続いたので、トマトソース、トマト味噌汁、トマトうどん、トマトだらけハヤシライスなどあれこれ作っている。最近初めて作ったのが、トマトポタージュスープ。湯むきした…

「本物」は山にあるのか街にあるのか。松永K三蔵『バリ山行』がおもしろかった

芥川賞候補ということで、松永K三蔵『バリ山行』を読む。タイトルは「ばりさんこう」。おもしろかったー! 六甲山で、道なき道を切り拓いてすすむバリエーションルート登山(=バリ)にのめり込んでる妻鹿(めが)さんの狂気ぶりが際立ってる。読みながら、…

4組限定の人気店。鮎の季節に、金沢「貴船」の夜席へ

友人Nと、金沢の有名和食処「貴船」で夜ごはんをいただくことに。昼も夜も1日4組しか予約を受けず年末まで席が埋まっているという人気店なのだけれど、Nが直前に問い合わせたところキャンセルで空席があったそうで、「誰と行くかも決めずにとりあえず予約…

鬼太郎コスメが気になる。猫娘のかわいさにドキドキする。

何気なくドラッグストアのコスメコーナーを見てたら、ファシオと鬼太郎がコラボしてるのを発見。なぜ鬼太郎? なぜ妖怪? ターゲット層は一体どこらへんなのか不思議なんだけど、今ここで間違いなく反応している客(私)がいるのも事実。店頭POPをまじまじと…

郵便料金が上がる前に風景印を集めまくれ

10月から郵便料金値上げ。風景印コレクターにとっては大変に悩ましい。押印の最小料金は63円(はがきの値段)なのだが、これが85円になる。郵便局への依頼文発送には郵便書簡を使っているのだけど、これも63円から85円に値上げ。

パジャマの前後がむずかしい

子どもが「パジャマの向きこれであってる?こっちがまえ?うしろ?」と聞いてくるので、すぐわかるよう目印をつけることにした。かつてはワッペンを貼ったりポケットを縫い付けたりしたこともあるけど、パジャマだし適当でいいだろう。家でしか着ないし。

スタバのレモンキューブケーキがおいしかった。ドリンクを3種類飲んだ。

平日休みの午前中にスタバへ行く。めちゃめちゃ空いてて先客は5人くらいしかいない。ダークモカチップフラペチーノにエスプレッソショット追加、壁際テーブル席という私的ベストポジションを確保。

プランターの空芯菜が増えまくっている

プランター栽培の空芯菜が順調。これまでに3回収穫したが勢いは衰えず、むしろ笑えるほど増えている。うまくやれば永遠に収穫し続けられるのでは?と思うくらい。

金沢では、7月1日は氷室まんじゅうの日

金沢では、毎年7月1日に氷室まんじゅうを食べるのがならわし。この時期はどの和菓子店でもいっせいに氷室まんじゅうを売り始める。あんこの入った酒まんじゅうというのが王道スタイルなのだけど、あんこの種類や酒の有無は店によってさまざま。

焼いた玉子がのったごはんを食べたい日、だった

お昼ごはんに、家族そろって餃子の王将へ行く。最近、王将率高め。私はいつもどおりに天津飯。ふわふわの玉子が好きすぎる。たっぷりの油のなかでざっくり混ぜて仕上げたこの食感は唯一無二!

ひかだまの花のその後

先日、初めて開花した緋花玉(ひかだま)。その名のとおりの赤ピンクの花が、昼と夜ごとに開いては閉じてを繰り返すこと一週間。思ったより長いこと楽しめるなあと思っていたら、そのうちに花が開かなくなり、閉じたまま小さくしぼんでいき… 開花から12日め…

ミスドのフロマージュ・ドがおいしい。5歳児の七夕の願い。

ちょっと久々のミスド。242円までのドーナツがどれでも半額になるクーポンを使いたかったので。 チーズ生地の新商品が4種類出てるのだけど、242円以下のものは「フロマージュ・ド・オリジナル」という1種類しかなかったのでそれで。これまでありそうでなか…

金沢市野田のカフェ【Horita205】で、能登栗のモンブラン

先日初めて出かけた金沢市野田のカフェ【Horita205】。八百屋が母体で、ケースには季節のフルーツを使ったケーキがずらりと並んでいる。この時期はメロンメロンメロンメロンメロン桃マンゴーアメリカンチェリーという顔ぶれ。その中で選んだのは、能登栗のモ…

梅シロップ11日目

梅シロップを仕込んだ。南高梅と氷砂糖を1キロずつ。今年は子どもにも手伝ってもらった。竹串でヘタを取る、水洗いした実をキッチンペーパーでふく、梅と砂糖をビンに交互に入れるなど。自分の手を使ったぶん愛着や責任を感じているのか、その後もビンの様子…

あんこバターとクロワッサンに夢中@小松市【こうぼパン うたたね】

職場のパン好き仲間ふたりが口を揃えて「好きなパン屋さん第1位」「絶対的におすすめ」だと教えてくれた、小松市の【うたたね】。いい評判をよく聞くので行ってみたいと思いつつ、我が家からは遠くてわざわざ行かないエリア。しかし今日はちょうど近くで予…

寿司屋でまさかのラーメン+握り寿司ランチ@野々市市【寿し龍】

夫が前に行ったことがありおすすめだという【寿し龍】へランチに行った。メニューはラーメンセット一択で、塩ラーメン+握り寿司3貫(+おまけ)で1400円。店名からしてお寿司が本業なのだろうけど、なぜラーメン? お品書きも何もなく、カウンターに着席す…

エリン・モーゲンスターン『夜のサーカス』感想。幻想とたくらみに満ちた世界に引き込まれる

夜のサ-カス 作者:エリン モーゲンスターン 早川書房 Amazon 『夜のサーカス』エリン・モーゲンスターン 世界各地で神出鬼没に出現し、夜にだけ開くサーカス。表紙イラストのとおり、黒と白のみで構成された世界観が美しくて魅惑的。ひしめくテント、白い炎…

ペヤング鶏白湯やきそばを食べて、鶏白湯の定義がわからなくなった

ドラッグストアの値引き品コーナーで見つけて、つい買ってしまったペヤングの鶏白湯(とりぱいたん)やきそば。 久しぶりすぎて自分でも忘れてたけど、私はペヤングが好きである。基本のソースやきそばの妙にくせになる味わいとともに、奇抜な新商品を出し続…

ひかだま(緋花玉)が咲いた。サボテンの花を初めて見た。

昨日の午前中につぼみがふくらんでいた緋花玉。数時間後の午後3時、子どもが「あっ!咲いてる!」と開花宣言。ニョキッと盛り上がった先に鮮やかなピンクの花が開いていた。時間をかけてじわじわ開くのを想像してたから、一気にパッカーンと咲いててびっくり…

ひかだまの花がひらきそう。小松菜栽培も順調。

緋花玉(ひかだま)のつぼみがぐんとふくらんだ。赤い色がのぞいている。これは、思ったより大きな花が咲きそうだ。しかしこの風貌、異界の植物という感がある。 植木鉢の小松菜も順調。左の鉢は思いきり間引きした結果、残した4つの成長ぶりがめざましい。…

めざせスタバゴールド会員への道/バナナの米粉ロールはちょっと微妙

平日の午前中、スタバへ行く。朝から気温が高くて日差しが強いなか、日焼け止めスプレー・長袖の羽織・帽子・サングラスという完全防備で外出。スターを貯めてゴールド会員になるのが目標なんだけど(これまでなったことがない)、期間内にあと少し貯めれば…

座布団カバーを作った

グレーの葉っぱ柄の生地を買って、ミシンで製作。長らく無地の茶色カバーを使っていたので変化が新鮮。ささやかな模様替え。 余り布でランチョンマットも。ちょっと柄がうるさいかなー。お皿をたくさんのせればそれほど気にならないかな?

すぐそこにありそうな幻想と不穏。村雲菜月『もぬけの考察』

先日読んだ村雲菜月さんの『コレクターズ・ハイ』がよかったので、同じ作者の『もぬけの考察』を読んだ。これまた、キモおもしろホラーな読後感だった。 冒頭の一文でまず明かされる主人公の趣味がヤバすぎて震える。うわっ変な人が出てきたぞと思いながら読…

甘い系も惣菜系も、私にはグッとくるパンだらけ。野々市【サリュ・アンシャンテ】

休日の朝、パンを買いにサリュ・アンシャンテへ。クリームもりもりのサンドイッチが人気&種類がとても多くて大好きな店。 これまでは私ひとりのランチ調達に行くことが多く、自分のためだけにクリームまみれのサンドイッチやフレンチトーストを買って満喫し…