旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



青山七恵『みがわり』感想。文章に引き込まれ、虚構世界に飲み込まれる。

文句なしにおもしろかった。帯に「予測不能のラストに向かって疾走」とあるけれどまったくそのとおり。二転三転の展開にとてつもない衝撃を受け、呆然。同時に、物語に翻弄されることの幸福を感じた。 新人作家の律は、ファンを名乗る女性から亡き姉の伝記を…

すき焼き肉とイッタラの損得計算

ひょんなことから贈答用のすき焼き肉をもらった。自分宛てのギフトではないけれど、運良くこぼれ球が転がってきたような感じで受け取ることになったもの。細かい脂が均一にはいった見るからに上等な牛ロース、これは間違いなく今年のラッキーエピソード暫定…

ホールサイズのティラミスと、8ヶ月ぶりの抱っこひも再デビュー

大雪まみれの三連休明け。除雪車が入らない細い路地には雪が積もりまくり、もはや平時の姿が思い出せないくらい道幅が細くなっている&雪で路面全体が数十センチ底上げされている。ふだんは車も通る道だけど今は絶対むり。 こんな感じで町のあちこちが通行不…

駐車場で雪にハマる、ピエール・マルコリーニのドーナツ、ベランダで雪だるま

午前中は雪。昨日までの大雪の上にさらに降り積もって、場所によっては余裕で膝まで埋まるくらいの積雪になった。雪を見ることがほとんどなかった昨シーズンとは大違い。今日もまた、車の周りを中心に2時間コースの雪かきだった(夫が)。 午後には雪がやみ…

終わりのない雪かきと、雪道の保育園お迎え問題

3日前からの大雪がすごいことになってきた。金沢では平地でも45センチの積雪で、道路も駐車場も公園もまんべんなく真っ白。北陸新幹線はついに、開業以来初めての雪による運休が決まった。うちの車はこのとおりの埋もれっぷりで、日中、上の写真の状態か…

外は白い雪の夜

ここ石川県は朝から暴風雪で大荒れの一日だった。ニュースでさんざん「不要不急の外出は控えて」って言っていたけど、仕事があるのでやむなく外出。 日中の気温は0度、木々も電線もわんわんしなるほどの強風が四方八方から吹き荒れ、そのうねりに乗っかった…

年賀状で、鬼滅の刃の好きなカップルを発表する姪(10歳)がかわいい

鬼滅の刃にハマっている姪(10歳)からの年賀状が秀逸だった! 本年もよろしくお願いします。今年はコロナがおさまるといいですね。 鬼滅の刃のなかでだれがかっこいいなと思いますか。わたしは前に胡蝶しのぶが好きといいました。だけど最近は冨岡義勇も好…

2021年辻占の言葉〈思いがとどく、あなたとならば〉に萌えてしまう

石川県のお正月に欠かせないお菓子「辻占」を今年も食べた。3つ選んで、お菓子の中に入っている紙をひらく。書かれているのは単純な運勢とかアドバイスではなく、ちょっと詩的でいろいろな解釈ができるフレーズ。 私が引いたのは……。 思いがとどく あなたと…

年越しそばと、年が明けてからの紅白歌合戦おさらい

新しい年の始まり。帰省も初詣も初売りも関係ない、普通の休日とさほど変わらない一日だった。お正月らしいことといえばお雑煮や黒豆や田作りを食べたことくらい。あとは届いた年賀状を眺めたり、テレビのニュースで各地のお正月の様子を見たり。外に一歩も…

2020年の読書記録まとめと、特に好きな小説3選

2020年に読んだ本の記録を時系列で。★はよかったもの、★★はその中でも特によかったもの。印象深い三冊をあげるならば、『ザリガニの鳴くところ』『なめらかな世界と、その敵』『わたしの美しい庭』かな。 探検家とペネロペちゃん(角幡唯介) カザアナ(森絵…