旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



野々市【サンニコラ】のチョコケーキとクリームタルト

毎年恒例「サンニコラの日」。野々市のケーキ店【サンニコラ】における、年に一度だけケーキ全品が20%オフになるイベントで、財布の紐と理性がどっかに吹き飛んでしまう危険なご乱心デー。今年の開催は去る12月4日、もちろん行ってきた。

これまでに食べた中で特においしかったケーキは何だっけとこのブログを検索したら、2020年にタルト・タタンを激賞する記事を書いていた。確かに、ものすごくおいしくて感動した気がする。あれから一度も食べてない。よし、タルト・タタンは絶対購入だ!と意気込んで店に入ったものの、前方のお客さんと店員さんの「タルト・タタンはありますか」「すみません、今は品切れなんです」というやり取りが聞こえてきた。しかも一人じゃなくて複数人。自分の番になってショーケースを見るとあら残念、タルト・タタンは1つもなかった。なんということ……。これ狙いのお客さんが多い人気品なのだね、タルト・タタン。

気を取り直して選んだのは、

デュオ・ショコラ。ミルクチョコムース、ビターチョコムース、チョコスポンジ生地の4層重ね。表面はチョコレートコーティングされてる。口当たりも味も違うさまざまなチョコの組み合わせ方がプロの技。

ミルフィーユ・バニーユ。下のパイ生地のあいだにぽってりとしたカスタードクリームがサンドされている。上の生クリームがとてつもなく美味。口溶けほわっと軽やかながら、舌に広がる乳脂肪の濃密さよ。パイ生地は、おいそれとはフォークが刺さらぬほどの固さ。それをバリバリと切り崩して、食感正反対のクリームと一緒に口に入れる。おいしさにため息しか出ん。

そんなぐあいで今年も堪能しました、サンニコラの日。ほか、ザッハトルテやタルトショコラ、フラン(プリンぽいケーキ)を夫とシェア。よく食べたなあ。しばらくケーキは必要ない…とはまったく思わない。いつも何度でもウェルカム。