旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



チャンピオンカレー、栗むし羊羹、ぐりとぐらの切手

香りに誘われ、チャンピオンカレーへ行く

f:id:lovestamp:20191201220155j:plain

野々市の【チャンピオンカレー】にて、Lカツカレーではないカレーを食べた。

ごはん+濃厚カレー+とんかつ+千切りキャベツのLカツカレー。いわゆる「金沢カレー」の発祥といわれるLカツカレー。チャンピオンカレーといったら何はなくともLカツカレー。来店客の8割が注文するというLカツカレー。

Lカツカレーもよいが、この日は野菜とコロッケと魚のフライがのったカレーにした(メニュー名は忘れた)。トッピングの説明文に「クリームコロッケ」とあり、写真のいちばん手前がそうなんだけど、このコロッケが私の想像を超えていた。一口食べ、二口食べる。具が出てこない。三口め。まだクリームだけ。四口め。コーンとかカニとか、そういう核の部分がない。どこまでいってもクリームしか入ってないんだけどどうなってんねん、と思ったそのとき、えっ、クリームコロッケってそういうこと?ってなった。「えっ、クリームコロッケってそういうこと?」って、声に出たもんね。コーンクリームコロッケとかカニクリームコロッケではなく、これは「クリームコロッケ」なのだった。クリームがメインのコロッケであると。うむ、商品説明に偽りなし。具がなくて飽きるかといえばそうでもなく、野菜(素揚げされてる)や千切りキャベツと組み合わせることでシャキシャキ感や味のバリエーションも生まれて、全体的にたいへん美味しかった。

この日、もともとは別の店に行くつもりで歩いていたのだけど、途中、チャンピオンカレーの前を通ったところカレーのにおい一瞬で心を奪われてしまい宗旨変え。空腹時にかぐカレーのにおいほど蠱惑的なものはないね。

ゆく秋を思いながら、栗蒸し羊羹を食べる

f:id:lovestamp:20191201220157j:plain

これも野々市にある【いそや菓子舗】の前を通ったら、「栗蒸し羊羹」の貼り紙あり。そういえばこの秋は栗蒸し羊羹を食べていない。食べずに秋を終えるわけにはいかない。迷わず入店し、購入。栗は、天面に見えている大きな甘露煮だけでなく、中にも大きめのがごろんごろん入っていた。ああ、美味しかった。とにかく、あずきと栗の組み合わせは無敵。

楽しみにしていたぐりとぐらの切手を買う

f:id:lovestamp:20191201220159j:plain

2019年11月28日発売、絵本の世界シリーズ第3集、ぐりとぐら。かわいすぎるので、もちろん複数買いした。子どもの頃、でっかいフライパンでカステラを焼くこのシーンにわくわくしていたなー。と書きながら、あれっ絵本のなかでは「カステラ」だった気がするけれど、これって見た目はパンケーキ、はたまたホットケーキか?

調べてみたら「カステラ」だった。そして、こんな素敵なサイトがあった。出版社公式のカステラレシピ。黄色くて甘くてふわふわ。想像するだけで幸せになれるわ。

www.fukuinkan.co.jp

 ▼実家に数冊あるけれど、自分で全巻買い直したくなってきた。

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

 

▼カレンダーがかわいい。来年はこれにしようかしらん。

ぐりとぐらカレンダー2020 ([カレンダー])

ぐりとぐらカレンダー2020 ([カレンダー])