旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



ドライトマト作りと、幻のたらこスパゲティ

f:id:lovestamp:20180523223941j:plain

レストランで食べたドライトマトが美味しすぎて、店の人に作り方を教えてもらったので挑戦中。

ミニトマトを半分に切って、塩を振って水気をふいて、140度のオーブンで様子を見ながら1時間ほど加熱する。水分をゆっくり飛ばしながら甘みを凝縮させていくのだ。仕事帰りに材料を買って帰って、帰宅後にドライトマトを作る夜。

今日はミニトマトのほかにもいろいろ食材を買った。無性にたらこスパゲティが食べたかった私は、スパゲティと、たらこクリームを購入したのである。家に着いて鍋に湯を沸かしつつ、たらこたらこー!と鼻歌まじりで買い物バッグの中身をあけていったのだが、中身を全部出してバッグが空っぽになっても、たらこクリームは見当たらなかった。

確かにレジに持って行ったと思ったけれど、あれは夢だったんだろうか。大量に食べると物忘れがひどくなるというミョウガを、昨日たくさん食べたことの報いなのか?

不思議な気持ちでレシートを見たら、ちゃんと「たらこクリーム 198円」と印字されている。買ったことは間違いないようである。ということは、買ったあと、商品を買い物バッグに入れることなく店に置き忘れてきたということか。ああ、置き去りのたらこクリーム。その姿を思うだけで、不憫さと哀れさと私自身の迂闊さに胸が苦しくなるのを禁じ得ぬ。そして今、麺はあるのにソースはなし。仕方がないのでたらこスパは断念し、夜ごはんは冷奴で代替することにした。たらこスパと冷奴では摂取カロリーもワクワク感もまるで違うので代替にはならんが、まあでも、冷奴は美味しかったのでよしとする。

失われたたらこクリームをそのままあきらめるのは無念なので、私はすぐさまスーパーに電話をかけた。「先ほどそちらで買い物をした者ですが、かくかくしかじかで」。

対応した店員さんは「確認するのでお待ちを」と言って数分間受話器から離れ、ほどなくして戻ってくるや「確認できました、キユーピーたらこクリーム198円ですね!」と。あった!誰かに持っていかれたりすることなく見つかった!あと、頼むから198円って大きな声で言わないで!なんだか私がケチくさいみたいな気持ちになるから!!

 

そんなわけで明日はスーパーにたらこクリームを回収に行く。明日の夜ごはんは、たらこスパとドライトマトで決まりである。