旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



青春18きっぷで、春はまだ先の金沢へ

週末、青春18きっぷでゆるゆると金沢へ行った。東海地方や京都・奈良あたりは桜が満開で、そのためなのか東海道線の列車は混んでいた。私とおなじ18きっぷユーザーに違いない、っていう人がたくさんいた。そうして8時間かけて着いた金沢は寒かった。4月だというのに雪が降ったもんな。

以下、食べたものの記録(一部)。

f:id:lovestamp:20180523200213j:plain

北陸本線の車内でお昼。福井県敦賀駅で買ったかにと焼さばのお寿司。売店で「かにのお寿司をください」というところ、「すしのお菓子をください」とわけのわからないことを言ってしまった。

f:id:lovestamp:20180523200226j:plain

泊めてもらう友人宅で、「ぶどうの木」というケーキ屋さんのチョコレートケーキ。夜、焼き鳥屋でたらふく食べた帰り道に、無性にケーキが食べたくなって買った。

f:id:lovestamp:20180523200245j:plain

市街地では手作り市みたいなイベントが開催されていて、そこで食べた「アーカ」という店のうどん。菜の花、空豆、鮭などを白味噌仕立てのつゆで。アーカには、友人がこれまでに何度か連れて行ってくれて、そのたびに感動する美味しさなのであった。

f:id:lovestamp:20180523200306j:plain

石川県が生んだ超有名パティシエ・辻口さんのケーキが食べられるカフェで、モンブラン。高さ5センチくらいか。ちっちゃい。500円。高い。でもめちゃくちゃ美味しかった。満足感高し。

二日目、空気は冷たいが晴れて気持ちのいい空の下を、友人と自転車をこいで金沢の街中を走りまわった。白鳥路を抜けて金沢城、石川門、しいのき迎賓館。兼六園のわきを通って県立美術館、歴史博物館。香林坊、片町から長町武家屋敷へ。コンパクトで、古いものが美しくて、いい街。

f:id:lovestamp:20180523200327j:plain

歴史博物館と桜の木。まだまだつぼみで、花は見られなかった。街じゅうの桜が今週中に咲き始めて、週末には見ごろになるのかな。お城のまわりや兼六園はにぎわうのだろうなあ。春満開の金沢に憧れを抱きつつ、むやみに体重が増えた気がする体で静岡に帰ってきたのでした。列車に乗りすぎ&久々の自転車のためか、お尻がいたい。

そういえば今年はどこにも決まった桜を見に行っていないと気づき、遅まきながらそわそわしてきた。今週末、どこかに行こうかなあ。