旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



沼田まほかる『九月が永遠に続けば』を読んだ

沼田まほかる著『九月が永遠に続けば』、新潮社。

九月が永遠に続けば (新潮文庫)

九月が永遠に続けば (新潮文庫)

 

 息子の失踪直後に、愛人の男が死んだ。もしかして、息子が殺したのか?

第5回ホラーサスペンス大賞受賞作。 (Amazonより)

---

引っ張られるように読んだ。不幸で恐ろしい話だった。文章力が安定しているとの評の通り、安心して文章に寄りかかっていられた。「哀しみと欲望は似ている。どちらも何かが欠落しているから」というような一節があって、いいなと思った。しかし怖くて悲しい、いやな話だった。とても面白かったということです。

まほかる、って変わった名前だなあ。まほからない、まほかります、まほかる、まほかるとき、まほかれば、まほかれ。