旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



モリミーに夢中、『夜も短し、歩けよ乙女』

いま読んでいる、森見登美彦の小説。

f:id:lovestamp:20180515105554j:plain

「夜は短し、歩けよ乙女」角川書店

舞台は京都、空から降る錦鯉、路地をゆく三階建ての電車、むせかえる夏の古本市。道を転がるダルマに行く手をふさぐ招き猫、富豪の爺さん、酒豪の美女、自称「天狗」の浴衣男。登場人物も筋立ても、まさに奇想天外。極上の妄想ワールドは、好きな人にはたまらないツボである。

が、文体がとても個性的ゆえ、合わない人には徹底的に合わないのも事実。この人のデビュー作「太陽の塔」は、私的には名作にして怪作だと思っているのだが、むりやり人に貸したら、ちょっと辛そうにしてたもんな。それでも懲りずに、また別の人にむりやりプレゼントしてしまったのだが。

一部ファンには「モリミー」と呼ばれている(らしい)著者。新刊も出たばかりなので嬉しいことだ。ウフフ。

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)