旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



盆栽の枝先から、春がこぼれだす

このところの陽気に、盆栽も本格的に活動しだした。

「なんか最近あったけえな!」

「いきなり春めいてきやがった!」

「てやんでぇ、そろそろ芽ぇ出さなきゃなんねえよ!」

「暖冬だったもんで加減がわかんねえ。とりあえず派手に出しときゃいいだろうよ!」

(想像の中では、盆栽たちは何故かべらんめえ口調で焦っているのだ)

そういうわけで(?)、どの鉢もここ数日間でむくむくと急成長中。

 

f:id:lovestamp:20180515201556j:plain

シモツケゴールドフレームの赤い新芽は、

f:id:lovestamp:20180515201625j:plain

ふさふさと柔らかな薄みどりの葉となり。

 

f:id:lovestamp:20180515201700j:plain

ひょろりと立つブナの木には、産毛もまぶしい若葉が茂る。足元に咲くヒナソウも、少し背が伸びたようだ。

 

f:id:lovestamp:20180515201724j:plain

花はまだかと待ちわびていた富士桜のつぼみは、あらら、すでに葉っぱ。今年はどうやら花を付ける気がないらしい。

それにつけても、うららかな光を受ける盆栽たちの愛おしいこと。冬のあいだの眠ったような時期を知っているだけに、なおさらだ。