旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



桜散歩とタピオカドリンク、土曜恒例のたい焼きも。

 

f:id:lovestamp:20190414113422j:plain

桜を見たくて、近場の川べりをぶらぶら。金沢の開花日は4月1日だったけれど、10日が経った今も木によっては見ごろが続いている。雪がちらついたりして気温の低い日が続いたものね。かつては福島の三春滝桜とか山梨の神代桜とか、銘木といわれる桜を見にあちらこちら駆け回ったこともあったなあ。それぞれに美しくて力強い、春の姿。

 

f:id:lovestamp:20190414113426j:plain

花見散歩のおともはタピオカドリンク。鬍鬚張魯肉飯(ひげちょうるーろーはん)という台湾料理の店でテイクアウトした。定番のミルクティーではなくこれはキャラメルラテ。タピオカが大粒で弾力性じゅうぶん、たっぷり入って250円。コスパ良し。ああ、台湾にまた行きたい。ちょうど一年前、あれこれ食べ歩いて楽しかったことを思い出す。屋台の朝ごはんとか最高だったなー。

tokotoko.hatenablog.jp

この日は小一時間の散歩だったのだが、たった一時間でも今の私にとっては長時間、これほどの外出は実に久しぶりだった。というのもこの冬に子が生まれ、自分都合の外出というのが一切ままならない状態になったから。赤ちゃん側の事情もそうだし(生まれてしばらくは家から出ないのが基本)、母側の気力体力的にもそうだし(身なりを構う余裕なし&出かける暇があるなら休みたい)、外はまだ寒いし花粉も飛んでるし。一日中、ほぼ一歩も家から出ることなく過ごした数週間だった。人生になかったわこんな期間。

やっと今、子も私も気力体力が整ってきて、気温も気分も上向いてきて、花粉は仕方ないとして、赤ちゃんと一緒に少しずつ外を歩いてみようかというタイミングになったので抱っこひもを使って散歩にでかけた次第。子は嫌がる様子もなくおとなしく抱かれており、私は両手が自由になる開放感に心が踊り、久々に入るコンビニ(数カ月ぶりだよ!)ではずらりと並ぶ商品群がきらきらと光って見えた。なんでもあるし、どれもおいしそうだし、コンビニ楽しいぃ!!ってなったもんね、本当に。まだまだ小さくてフニャフニャの赤子とともに外出なんて大変だし恐ろしいし、行きたいけれども及び腰になってたんだけど、やってみたら普通にできて、そのことに感動すら覚えたわ。私もう、家から出てコンビニとかスーパーとか行けるんだな。ほしいものを自分で選んで買えるんだな。おおお、社会に戻ってきた感じ! 

そんなわけで、「子を抱っこして外出」というステップをクリアし、大げさでなく本気の実感として「世界がひとまわり広くなった」という手応えがあって嬉しかった土曜日。このブログに頻繁に書いているとおり「土曜といえばたい焼きの日です」という、その土曜日。もちろん欠かさず食べた。たい焼き屋さん「土九」はちと遠いので、今のところ買ってくるのは夫の役目。いずれ、子も一緒に行くことになるだろう。

f:id:lovestamp:20190414113429j:plain

お題「今日のおやつ」