旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



東京中央郵便局へ消印を郵頼し、私の改元準備は整った

郵便消印の、平成→令和の改元にともなう押印について、先日、どこでどうやって押してもらうかという記事を書いた。

tokotoko.hatenablog.jp

が、その翌日に日本郵便から公式な発表があり、郵頼(郵便局に手紙を送って押印を依頼する方法)しようとしていた私の目論見は外れてしまった。今回、郵頼に対応するのは東京中央郵便局のみとのこと。それ以外では受け付けないんですって。なんだよう、あの局もこの局もと想像をふくらませていたのにかなわぬ夢となってしまった。

改元に伴う4/30(火)及び5/1(水)の押印サービスの実施 - 日本郵便

 

f:id:lovestamp:20190415114511j:plain

というわけで東京中央郵便局への依頼文を作成。自分の手で「令和」って書いたの、これが初めてだ。まだまだ見慣れなくて違和感を覚える。

全国で郵頼OKなのがこの一局のみとなると、相当数の依頼が舞い込むだろうなあ。押印要員として特別なシフトが組まれるのだろうか。消印を押すのがめちゃくちゃうまい「伝説の押し手」みたいなOBがこの日限りの復活、とか。。。こんなタイミングで郵頼してくるのはマニアばかりだろうし、押印の出来にシビアな人が多そう。温存していた大切な切手を今こそ活用、そこに押された消印がブレたりかすれたりしようものなら、どうしてくれるんじゃああぁ!って気持ちになるのはわからんでもないよ。

▼かつて、とある郵便局で適当に押されたことをまだ根に持ってる(笑)

tokotoko.hatenablog.jp