旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



暖かな春の一日、おやつにおはぎを食べながら。

本日3月20日、金沢の最高気温は16度。一日中晴れて、ここ数日ではうんと暖かい日になった。日の出も早くなってきて、午前6時ごろ、ふと目が覚めたときに感じる外の気配が明るくてうれしい。冬のさなかには「ああ、今日も暗くて寒い一日よ」っていう重い気持ちにもなったけれど、いよいよ本格的に春なのだなあ。明日の春分の日は、最高気温22度の予想。春というか、初夏だな。その後また気温が下がるようだけれど、あとはもう春に向かって一直線。桜の開花予想は3月31日、いい具合に咲いているのを見られるといいな。

f:id:lovestamp:20190320190738j:plain

義理の母が「お彼岸だから」ということで手作りのおはぎを持ってきてくれた。自家製あんときな粉の2種類を重箱にずっしり。言われて初めて、ああそうかお彼岸かと気づく。季節ごとの行事とか味とか、面倒くさがらずに日常に取り入れて人に伝えることで続いていくものってあるよなあ、私にそういうことができるのだろうか、としみじみ考えてしまったよ。ふたを開けた瞬間、速攻であんこときな粉を1つずつ食べながら。