旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



華やかなクレープがいっぱい【リス クレープシュクレ】

f:id:lovestamp:20180924172231j:plain

金沢市にあるクレープ専門店、LIS crepes sucrees(リスクレープシュクレ)に行く。

「苺カスタードキャラメリゼ」を注文。店内には小さなカウンターテーブルが8席ほどあるだけ、ちょうど空席ができたので待っている間に焦がしカラメルの甘い香りが漂ってきて、クレープが運ばれてきた。写真だとわかりにくいけれど、生地じたいがほんのりピンクのいちご色。表面はパリッとしたカラメルで、その下にはたっぷりのカスタードクリームといちごアイス、その外側にホイップクリーム。下の方に食べ進んでいくと薄切りのいちごとチョコチップが入っていて、最後の最後まで甘み・酸味・食感のアクセントがいいバランス。かなりのボリュームがあるのだけれど、まったく飽きることなく最後のひとくちまで幸せの絶頂って感じで食べ終えた。夢のようにおいしかったわ。

メニューは、持ち帰りできるクレープ(今回食べたのはこのタイプ)、イートイン限定のクレープ(ホットタイプのもの)、それからパフェもあった。クレープのバリエーションがたいそう魅力的で、求肥きな粉自家製黒蜜、ラムレーズンマダガスカルバニラ、五郎島金時スイートポテトオレンジ、今の季節だとシャインマスカットや梨を使ったものもあった。ひとつ800円~1000円くらいとなかなかの高価格だけど、「こういう幸せな瞬間を楽しむために日々を生きてるんだもんな、明日からも真面目にがんばろう」って心の底から思う帰り道だった。

f:id:lovestamp:20180924172238j:plain

時と場合によっては注文から20分以上待つこともあるみたい。席が少ないから、車の中でできあがりを待ってそのままテイクアウト、というパターンも多そうだった。クッキーとかパウンドケーキとか、おみやげの焼き菓子もおいしそうでした。