旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



すだれを立てかけて、涼感漂う盆栽空間

ベランダの盆栽棚に日よけの布をかけた。これは毎年のことだが、今年はさらに、よしずも置いてみた。

f:id:lovestamp:20180523225029j:plain

このよしず、そもそもは盆栽用に買ったのではなく、室内への日差しをさえぎる目的で買ったもの。ベランダの掃出し窓を覆うように立てかけるつもりだったのだが、いざ置いてみると高さが足りず、窓を隠し切ることができなかった。というか、よしずが窓枠に引っかかって扉の開閉ができないという中途半端な事態になってしまった。これではどうしようもないので、仕方なく盆栽用に配置換えをした次第。

でもまあ、これはこれで涼しげな見た目になったのでいいか。ちなみに盆栽棚の左下にある背の高い緑はミントである。成長著しく腰まで届く勢い。先端には見慣れない花まで咲き始めた。

それにしたって、室内もベランダも暑すぎる。直射日光のあたるコンクリートの床にエナメル製のサンダルを出しておいたら、高温のためか接着剤がとれ、サンダルがばらばらになっていたのにはびっくりした!