旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



相手がいない不憫さよ。姫リンゴ、お前もか!

f:id:lovestamp:20180523221834j:plain

姫リンゴが一気に開花した。つぼみはピンクだけれど、開いた花は白。

実がつけば秋も冬も見所があってたいへん楽しいのだが、これがなかなか難しい。花の中には当然めしべとおしべがあるわけなのだが、姫リンゴは自分自身の花粉ではうまく受粉しないらしいのだ。別の鉢でもうひとつ姫リンゴを育てるか、もしくは、相性のいい別品種の木(ミヤマカイドウ)を近くに置いてやると、受粉しやすく実が付きやすいとのこと。

せっかく花が咲いてもお相手がいないんじゃ仕方ないわね。盆栽相手にシンパシーを感じてしまう春である。せつないぜ。不憫なる姫リンゴのために、可及的速やかに素敵なパートナーを探すべし。