旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



2010-10-29から1日間の記事一覧

読書記録。道尾秀介「花と流れ星」「球体の蛇」

前から道尾秀介氏が気になっていて、初めて作品を読んでみた。なるほどなるほど。 短編集『花と流れ星』に収められた一編目、「流れ星の作り方」がとても良い。こういう展開が可能なのは小説ならではなあと思う。二編目、三編目と読み進めるうちに、この本は…

さくらももこ「焼きそばうえだ」の残念さ

酒見賢一の『分解』。 酒見さんは、デビュー作『後宮小説』から変態的に天才的なセンスが炸裂していて、読むと必ず「小説ってすごい・・・」とぼーっとなってしまう。今回もまたすごかった。本作は短編集なのだが、表題作の「分解」に名フレーズあり。いわく…

角田光代『古本道場』、森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』感想

角田光代『古本道場』。 古本の師匠にミッションをもらった角田さんが実際に古本屋に行き、見たり買ったり感じたりするというエッセイ。そういえば、私は古本屋めぐりに憧れているくせに、まだ一度も古本屋に行ったことがないのだった。だってなんか怖そうだ…