旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



読書記録。道尾秀介「花と流れ星」「球体の蛇」

 

f:id:lovestamp:20180520192019j:plain

f:id:lovestamp:20180520192028j:plain

前から道尾秀介氏が気になっていて、初めて作品を読んでみた。なるほどなるほど。

短編集『花と流れ星』に収められた一編目、「流れ星の作り方」がとても良い。こういう展開が可能なのは小説ならではなあと思う。二編目、三編目と読み進めるうちに、この本はシリーズものらしいということに気づく(気づくのが遅い)。登場人物の過去が知りたいので一作目、二作目も読まねば。『球体の蛇』は、設定がちょっとご都合主義的すぎるなあと思いながらも続きが知りたくて手をとめられず。