旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



衣替えの季節に、欲望がたちのぼる

10月1日は衣替え。JR職員の制服も秋冬バージョンに変わった。いつもの駅、いつもの改札、いつものみどりの窓口。だけどいつもと違う、駅員の制服!きゃああ! 

昨日まで水色のワイシャツだったのに、全員黒の長袖ジャケットになってるー!やばい、自分が制服好きだってこと、夏服の期間中には忘れてた。久々に見るジャケットのまぶしさ凛々しさカッコよさ。黒はイイね。意識しちゃって(何を?)定期券をピッとする動きさえぎこちなくなる。ああー、にやにや笑いがおさまらん。だめだわ、爽やかな若手駅員も、温厚そうな中堅駅員も、ダンディなベテラン駅員も魅力200%アップで直視できない。ジャケット効果、恐るべし。っていうかジャケット一枚でこんなにもわかりやすく興奮してる自分よ、恥を知れ!

クラクラしながら(?)会社に行ったら、同じ部署のNが「○さん(私だ)の好きそうなものを見つけたよ」と、『美少女図鑑』なるフリーペーパーについて教えてくれる。街の一般女性をモデルにした写真集のような体裁のフリーペーパーだって。Nは私の好みを心得ていて、「美少年より美少女の方が好きでしょ?」と言う。そのとおり。

その後、別の部署のMに「『美少女図鑑』に興味がある」という話をしたら、「美少女だよ? 美少年じゃないよ? いいの?」と念を押された。いいんだよ。美少年より美少女の方が好きなんだから。

というわけで、私の好きなもの

・14~18歳くらいの美少女

・20~50歳くらいの男性駅員(ただし、黒ジャケット着用のこと)

どっちも好きで選べないっ!と思ったけど、どちらかを選ぶ必要なんてまったくなかった。だいたい、選んだところでどうなるものでもなかった。ふう。