旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



カレーを作ったのに、炊飯器が壊れてごはんが炊けない

仕事が終わって疲れ果てた帰途、「昨日のうちにカレーを作って寝かせておいた私、天才やな……」と自画自賛しながら帰宅。

あとは、子を迎えに行っている間にごはんを炊くだけだぜ!と炊飯器のスイッチを押す。おや?  何だこれ、今まで一度も見たことのないランプの点滅が始まったんですけど。 電源を抜いてやり直しても状況は変わらず。炊飯が始まる気配はなく、ランプはチカチカと謎の点滅を繰り返している。取扱説明書を見ると「異常のサイン。販売店に修理を依頼してください」とあった。マジか。ごはんが炊けない。冷凍ごはんのストックもない。え、カレーライスのライス抜き……?

仕方ないのでカレーはもう一日待機させることにして、夜は家にあった食パンを食べた(カレー以外の適当なおかずで)。我が家では夜にパンを食べることがほぼないので、パン好きな子どもは「えっ、パン? やったー」と嬉しそうであった。

洗って浸水させておいたお米は、明日、鍋で炊く予定。それはそれでおいしいので楽しみではあるが、いずれにしても、早々に炊飯器を買いに行きたい。やれやれ、急な出費だなあ。でもまあ10年以上使ったからね、替え時だわね。久々の炊飯器リニューアルにわくわくしているのも事実。さて、明日の夜には、無事カレーライスを食べることができるのだろうか?  もう少し待っててね、ナスとひき肉カレー。

 

写真は子どものお弁当。緑の野菜をいやがるので、さやえんどうをハイパーみじん切りにしてオムレツに混ぜたら完食だった。母の勝ち。炊飯器の故障が、お弁当づくりの朝とつぜんに、じゃなくてまだよかった。