旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



探しものは何ですか

朝、手袋を持って家を出たのに、仕事が終わって手袋をはめようと思ったら片方しか見当たらない。一体どこに消えたのか。

家を出るときはバタバタして超あわてていて、手にはめるヒマすらなくポケットに突っ込んできた。そして出社するまで一度もはめぬままだったので、その時点ですでに片方しかなかったのかどうか不明。どっか途中で落としたのか。前にロンドンで買った超お気に入りだったのに、こんな別れ方はやりきれない。右手だけ手袋をして、左手は寒風にさらされながら帰宅。

マンションの廊下をとぼとぼ歩いてたら…

f:id:lovestamp:20220202235352j:plain

あっ。あった、あったよぉぉぉぅ!

今生の別れを覚悟した矢先だけに感激もひとしお。雨雪に濡れることもなく車や通行人に踏まれることもない場所でよかった。小躍りで駆け寄り「また会えたね」と抱きしめ、「もう離さないぜ」と誓った。手袋はポケットにむりやり詰め込むのではなく、手にはめてこそ。はめない手袋なんて、ただの袋さ…。

 

ところが、懲りない私はうっかり事故を多発中。

・別の手袋をまた片方落とす(!)

・外出先から、鍵を持たずに自分だけが先に帰宅し、家に入れない(カバンにもポケットにも鍵が見つからないときのあの焦燥感)

・鍵を鍵穴に差しっぱなしで外出(まじで危ない)

まだ笑い話で済んでるけど、そのうち大けがをしそうで怖い。

そしたら夫が「前に買ったエアタグ(iPhoneと連動してお知らせしてくれる紛失防止グッズ)の余りがあるから私の鍵につけておこう」と提案。それはいい!と喜んだのだけど、今度はなんと、そのエアタグとやらが家じゅう探しても見つからないのであった。おいおい冗談はやめてくれ、エアタグを見つけるためのエアタグを付けとけや! 自分のことを完全に棚にあげて、夫の不始末を呪った。鍵を見つけるためのエアタグを見つけるためのエアタグを見つけるためのエアタグを見つけるためのエアタグ……。何個あってもきりがない。うっかり防止への道は遠い。