旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



寒さに負けずアイスを食べる。雪見だいふくティラミス・ミルクプリン

f:id:lovestamp:20210205004603j:plain

雪見だいふく「こだわりのティラミス」「北海道ミルクプリン」を立て続けに食べた。

ティラミスが特においしかった。マスカルポーネアイスの中からコーヒーソースがとろりと溶け出してきて、ほぼティラミスそのままの味。チーズとアイスとコーヒーは相性がいいなー。ただ、パッケージに「使用しているチーズはすべてマスカルポーネチーズです」と書いてありながら、原材料名にチーズのチの字も出てこないのはどう解釈していいのか謎だけど。

ミルクプリンは練乳ソース入りで、ねっとりとしたコクのある甘さ。個人的にはそもそも「ミルクプリン味」ってどんな味なのか想像しにくいんだけど、練乳味といわれればすんなりイメージできるし納得できる味だった。

雪見だいふくは、冷凍庫から出して少しおいといて、アイスが柔らかめになった頃合いで食べるのがいいよねえ。ただし柔らかすぎるとフォークで表面のお餅を切ったときにアイスが飛び出してどろどろになってしまうので、そうなる直前の見極めが肝要。

 

アイスといえば、いま一番気になってるのは「白い恋人サンドアイス」。ホワイトチョコレート風アイスをバタークッキーではさんであるらしい。おいしそう。2月1日からコンビニ先行販売中。雪の吹きすさぶ日々ではあるが、アイス消費量全国一位の石川県民としては食べぬわけにはいかまいて。

お題「大好きなおやつ」