旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



平成最終日、観葉植物カポックを大きな鉢に植え替える

本日4月最終日、いよいよ改元間近。新聞やテレビで「時代が変わる」的な特番を見ているうちに、年越しの気分になってきた。明日になったら、あけましておめでとうとか言っちゃいそう。年越しだし(違うけど)10連休なので(遠出の予定はなし)、一念発起してベランダの大掃除に着手した。去年の枯れた草木とか、空の植木鉢とか、伸び放題のいろんなものとか、土で汚れた床とかいろいろ。これまで数ヶ月にわたって「寒いから」「雪だから」「臨月だから」「花粉がすごいから」と先送りにしていたが、そういえば今、やれない理由がなくなっていたのでね。。。

いちばんリフレッシュしたのが、鉢植えのカポック(シェフレラ)。根がパンパンになって植木鉢の上からも下からも飛び出していたので、鉢から苗を取り出す。根っこがぐるぐる巻きになっていたのをほぐし、3分の1くらいにまで切る。一回り大きな鉢に、新しい土とともに入れる。葉が密集しているところを適当に剪定。そして、背が高くなってきたので支柱をつける。

f:id:lovestamp:20190430140128j:plain

▲こんな感じになった。

f:id:lovestamp:20190430141745j:plain

▲ちなみにこちらが3年半前に植え替えたときのもの。幹の太さが全然違う。

tokotoko.hatenablog.jp

f:id:lovestamp:20190430140131j:plain

現在のカポック、先端に新しい葉が出てきている。小さくて柔らかくてかわいいの。ここからまたグーンと丈が伸びるのが楽しみ。なんと言ってもこれ、100円ショップで買ったものだからね。もう5年以上元気だし、買ったら数千円はするような大きさに育っていてほれぼれする。新時代にも、変わらず大きくなってくれ!