旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



栗のお菓子に秋を感じる頃となりました

f:id:lovestamp:20200911232442j:plain

外に出たときにふと、「あれ、あんまり暑くないかも」と思うことが増えてきた。日中の空が澄んで見え、日差しの強さがなんとなくやわらいで、日が沈むのが早くなり、夜には虫の声がする。天気予報を見ると雨と晴れが周期的。秋が来たのかな、とやっと思える気候になってきた。おお、秋~! 待ってたよ、待ちわびていたよ!!!

それよりひと足早く、スーパーやコンビニの売り場に秋が訪れていた。この時期に増える栗&さつまいもスイーツの数々に目移りしてしまう。見慣れたお菓子も、栗の味が出ていると買わずにいられない。秋の間にありったけ楽しみ尽くしておきたい、それが栗。

セブンイレブンのパンケーキシリーズが好きで新作を見つけるたびに買ってしまうのだけど(これまでクリームチーズや宇治抹茶がおいしかった)、このたびの新商品はイタリアマロン。もっちり生地に濃厚マロンと軽やかホイップクリームの組み合わせは、片手でつまめるモンブランという感じ。おいしいに決まっていた。数日後にまたリピートするであろう。

栗といえば、これまでに経験した中で最高レベルかつ入手難易度の高い栗スイーツがあって、長野県は小布施で食べた「朱雀」というのが私の中で不動のエース。期間限定・数量限定・現地に行かねば食べられない・予約不可という難攻不落ぶりで、午前6時から行列に並んでやっとありついたという伝説の一品である。が、コロナ禍の今年は密を避けるため、全席オンライン予約のみで提供するとのこと。行く予定はないけど空席状況をチェックしたところ、1ヶ月以上先の分まで完売していた。そうだよね、そうなるよね。予約できた人がうらやましいな~!

www.tabitoko.com

お題「大好きなおやつ」