旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



空も風景も、秋の気配が日に日に濃くなっていく

今週のお題「秋の空気」

10月も残り一週間となり、朝夕に肌寒さを覚える時期になった。正直、やっとか、という感じだ。ほんの二、三週間前にはノースリーブの服を着てたのに、今は長袖だし今シーズン初のヒートテックも着たし。変化が急すぎる、ていうか毎年思うことだけど「ちょうどいい秋」が年々短くなってる気がする。気のせいなのか、実際に環境が変化してるのか、私自身の感じ方の変化なのか?

 

f:id:lovestamp:20191023113008j:plain

我が家の秋といえば鉢植えの大文字草。今朝見たら初めての花が開きかけていた。数日のうちには「大」の形の花が見られそう。

 

f:id:lovestamp:20191023112933j:plain

それから、近所の公園でツリバナを発見。赤い実が下向きに開いて種をのぞかせる、これも秋の風景。澄んだ空の色も、だんだんとくすんでくる葉っぱの色も、秋だなー。

家の中も、秋冬にむけて支度中。エアコンのフィルター掃除をし、夏布団を片付けて冬の羽毛布団を出し、シーツやカバーを秋冬仕様に掛け替えた。半袖の服をしまって、秋物を出した(そしてこれも毎年思うんだけど、冬になる前のこの時期って調整が難しくないですか。毎日、何を着たらいいのかわからない!)

短い期間だからこそ、秋の過ごしやすさや爽やかさを、いいものだなあとじっくり意識して大事にしたいと思う。そのためにあと必要な「秋らしさ」は……栗ごはんとモンブランだね。今こそ、去年買った栗むき器を活用する季節!

www.tabitoko.com