旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



毎週恒例【土九】のたい焼き、春の限定は桜あん白玉入り

f:id:lovestamp:20190304150521j:plain

野々市にあるたい焼き専門店「土九」。今年に入ってから毎週土曜に欠かさず土九でたいやきを買っており、そのことに気づいてからは「ここで記録をとめるわけにはいかない」という若干の意地と義務感(?)も芽生えている今日このごろだ。

レギュラー商品とは別に「季節のたい焼き」があって、1~2月はチョコクリームだった。3月になり、また土曜日がやってきて、そしてもちろんたい焼きを買いに行く。3~4月は「桜あん白玉入り」ですって。ほんのり薄い桜色、桜葉の塩気、もっちりした生地よりさらにもちもちした白玉団子。春だ、桜だ、お花見だ!ってな感じか。自分の実感としてこの1~2月の進みは実に早かった。緊張感も気ぜわしさもありながら、ときどきぼーっとしてハッと気づけばはや3月。雪の季節も終わるし花粉も飛ぶし、そろそろ梅も桜も咲き始める時期なのだった。……ということを思い出させる、桜あん白玉入り。いつもは粒あんを選ぶ私だけど、これは期間中に何度か食べたい好きな味だった。

そして、毎週定期的に300~400円を使っているので、そろそろ我が家の家計簿に「たい焼き」の項を立てて予算化する時期かもしれんな。