旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



ハーブスのケーキに囲まれて、しばらくケーキが主食である

ある平日のこと。

朝食/カステラ、ホイップクリーム(自分で泡立てたもの)、さくらんぼ、コーヒー

昼食/キッシュ(主な材料は卵と生クリーム)、サラダ、コーヒー

夕食/ケーキ3種類(主な材料は卵と小麦粉と生クリームとフルーツ)、コーヒー

一夜明けまして、 朝食/ケーキの続き、野菜スープ、コーヒー

この食生活。なんという暴挙、なんという至福であろうか。 いま胃袋のなかみを検査されたら、ケーキとコーヒーしか入ってない。それとフルーツ少々。 人に会う約束をしていたのでティラミスを作って待ち構えていたら、その人がおみやげにハーブスのケーキを持ってきてくれた。それも時期限定の、今しか食べられないのを。そりゃもう、どれもこれも食べるよね!そこにケーキがあるなら、当然コーヒーも必要よね!

 

f:id:lovestamp:20180517112125j:plain

ハーブスの「フレッシュフルーツケーキ」 ぜんぶ違う種類のフルーツが5段重ね。オレンジ、イチゴ、キウイ、ブルーベリー、メロン。

f:id:lovestamp:20180517112144j:plain

ハーブスの「ブルーベリーチーズタルト」 タルト生地もチーズムースもクリームも甘くない。むしろ塩味がきいていて、もう一つのケーキ&ティラミス(結構甘い)との一緒に食べるときのバランスが、ちょうど素敵な感じであった。

何はともあれ生クリームが好きな私である。いま手元に、有効期限が三日後に迫ったスタバのドリンクチケットがあり、家の冷蔵庫には生クリームが待機している。うちでホットケーキでも焼いてそこにホイップクリームを添えて食べて、それからスタバに出かけてクリームてんこ盛りのすっごいのをオーダーして、胃袋の中をさらに徹底的に生クリームだらけにしてやろうという末恐ろしい計画が水面下で進行中。