旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



八重山諸島の旅4【小浜島・二時間の激走】

沖縄も四日目、離島めぐりの最後を飾るのは小浜島さとうきび畑が続くのどかな島を、再びのレンタサイクルで駆け抜ける。

f:id:lovestamp:20180515223848j:plain

空が晴れて、海が青くて、緑が濃くて、「夏だーーーー!!」って感じ。

途中で道を間違えたり、延々と続く上り坂にへばったりで、気が付けば船の出航時間まで残りわずか、とにかく超特急で港に戻らにゃ船に乗れないぜよ!と汗をしたたらせながらペダルをこぐ(必死)。吹き抜ける風は潮の香り、流れる風景にハイビスカス、ラララー、青春ってこういうこと?

さて、こうして終幕した八重山諸島の旅。もずくの天ぷら、名物かまぼこ、連日のチャンプルー、ゴーヤの漬け物、ミミガー海ぶどう八重山そば、ひととおり郷土料理も食べ尽くし、日々変わる海の色に見惚れ、開放的な天候に気分を洗われ、夜はホテルでMちゃんとさんざん遊び(その例・・・携帯電話でオーケストラを作ろうプロジェクト、樋口一葉が喋ったら、全身ボーダーで写真撮影、「沖縄で自分にご褒美☆プチ旅行」って感じでぶりっこ撮影会、徳永英明の妻に嫉妬する夢とその分析、勝手にコンシェルジュごっこ、エトセトラ)、盛りだくさんのお腹いっぱいで帰ってきました神戸空港

数日ぶりに降り立つ内地の空気は冷たく、気が付けばカレンダーは聖夜。街に異常増殖するカップルたちの姿が、凍える私たちの心胆をさらに寒からしめたという。

f:id:lovestamp:20180515223926j:plain

八重山の海は本当に素敵だった。次はきっと夏に訪れたい。いつか、「珊瑚の海を舞う魅惑のマーメイド編」でお会いしましょう!(?)