旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



ハーブスで、春のストロベリーチョコレートケーキ

先日、初めての渋谷ヒカリエにて、おやつにハーブスのケーキを食べた。春はいちご。「STRAWBERRY SEASON 2014」!

f:id:lovestamp:20180517111508j:plain

この時期ならではのいちごケーキがいろいろあって、目移りしちゃって選べない~!ということはなく、パッと見て即決であった。「生クリームが好き」「洋酒が好き」、この基本方針がある限り選択がぶれることはないんである。

f:id:lovestamp:20180517111528j:plain

「ストロベリーチョコレートケーキ」850円。

『ブランデーで香りをつけたビターなチョコレートスポンジにたっぷりの生クリームと大粒イチゴを飾りました』という説明のとおり。惜しみなく盛られた生クリームと、スポンジの上にも間にも見え隠れするいちごのボリュームを見よ! ビターなチョコレートスポンジは大人の味、口に含めばブランデーの香りがふわりと広がって、いちごの甘酸っぱさとみずみずしさを包み込むというか引き締めるというか、まあとにかく、ぺろりと食べちゃう美味しさだったということだ。

3月上旬にはいちごづくしだったハーブスであるが、このあとどんなケーキが出てくるのかなとホームページを見てみたところ、「3月中旬より販売開始、さくらケーキ」の文字を発見。さくらムースと大納言小豆を使ったものであるらしい、美味しそう。途切れることなく新商品を生み出しつつ、あいまに季節限定や店舗限定などを繰り出してくるんだもの、やめられないよハーブスさん。