旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



稲取にて、おかしらつきのキンメダイを買う

晴れた休日のドライブ、伊豆半島るんるんと進み(私は助手席でるんるん言う役)、目的地があるわけでもないがクルマは南へ向かっていた。

このまま南へ行けば下田かあ、下田といえばキンメダイ、こってりとした煮付けが美味しいよね刺身もいいよね、せっかく産地だし市場で一匹買ってみちゃおうかな。これまでにキンメダイ丸ごと一匹を買った経験はないけど(っていうか切り身すら買ったことないけど)。買って帰ってうちで煮付けを作ろうかな(キンメに限らず煮付けじたい作ったことないけど)。

いや待てよキンメダイの名産地ってことなら下田よりも稲取だ。近海モノは「稲取金目鯛」というブランドとして知られる高級品。他産地品とは脂のノリが違うらしいですぜ! ということで、キンメダイへの想いを募らせ下田ではなく稲取へ向かうことに。漁港近くに店を見つけ、「稲取産」の表示がまぶしいキンメダイを購入した。一番小さいもので、一匹3,800円。魚にかけた値段としては自分史上最高額である(カニを除く)。店頭でさばいてくれるということなのでお刺身用のサクと、煮付け用の切り身にしてもらった。頭やエラのあたりも持って帰る。

さて、魚料理の経験値がたいへんに低い私であるが(魚以外の料理もほとんどやらないだろ!という指摘に対しては誠に遺憾ながら同意せざるを得ない)、帰宅後にはりきって切り身と頭を煮付けにした。自分史上初めての煮付け。美味しい素材を無駄にしてはならないという必死の使命感および「きょうの料理」のレシピのおかげで、初めてにしては美味しく仕上がったと思う。ショウガとごぼうもたっぷり。

f:id:lovestamp:20180527192049j:plain

偶然にも、ショウガの断面がハート型。かわいい~!って撮影したのだが、キンメダイの頭部のせいでどうしても可愛い写真にならないわ。