旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



ロンドン05 コヴェントガーデン、ニールズヤード

ロンドン旅の続き。前回、ハロッズで真冬のアイスクリームパフェを食べたところまで。

 ロンドン3日目、月曜日の朝。コヴェントガーデンという街に行った。ここでは毎週月曜にアンティーク商品が並ぶマーケットが開かれる。それを見たくて、はじめから「月曜にコヴェントガーデンへ行く」と決めていた。なんて計画的なんだろう。しかし、旅を終えて振り返ってみると、一週間の滞在中に計画性が発揮されたのは後にも先にもここだけだった気がする。

f:id:lovestamp:20180527172659j:plain

朝ごはんは今日も、ハイケンジントンストリート駅内で。昨日とは違う「NERO」というカフェにした。またもクロワッサン、そしてカフェモカ。

f:id:lovestamp:20180527172731j:plain

地下鉄にてコヴェントガーデンへ。屋根のあるこういうスペースに露店が出る。古めかしい時計やコンパス、かばん、アクセサリー食器、ガラスの小物などなど。

f:id:lovestamp:20180527172745j:plain

広場の一角に楽器を持った人が集まってきたなと思ったら、即興の演奏会が始まった。楽しそうに演奏するなあ、こういう風景って外国っぽいなあとか思いながらぼんやりと見ていたら、演奏隊の仲間が我々の背後にまわりこんでおり、手に帽子をひらひらさせながらチップを要求するのであった。

すぐそばにあるスタンフォーズ書店にも行った。地図と旅行に関する専門書を多く扱う店。私はここで何か記念になるものを買いたくて、迷った末に2冊を買った。1冊は「LONDON TOWN」という絵本でロンドンの名所を紹介するもの。もう1冊はぬり絵で、これもロンドンの観光地を図解したもの。どちらも絵が中心で文字が少ない。そこがよい。難しいのを買っても読めないんだもの。

友人は、家の壁に貼るといって大きな地図を買っていた。折り曲がることのないよう、丈夫な筒型のケースに入った地図(2つ)。どう見てもトランクに入らない長さの筒を抱える友人に、惜しみない拍手をおくる私である。

f:id:lovestamp:20180527172821j:plain

左腕に地図を抱える友人。初日の毛布に続きいい買い物っぷり!  

f:id:lovestamp:20180527172839j:plain

ニールズヤードの本店にも行った。ツタのからまった建物がそれ。アロマオイルやらハンドクリームやら、日本で買うよりずいぶん安い。自分用とお土産用に購入。

さあ、この日のランチはいよいよ「イギリスらしい」アレを食べるよ!
tokotoko.hatenablog.jp