旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



流行が去り、カヌレはどこへ行ったのか

もう10年くらい前か? カヌレが流行っていたのは。好きだったのに、最近は売っているお店をぜんぜん見ない。久しぶりに食べたい!と思ったらいてもたってもいられず、静岡パルコのベーカリー<シェ・リュイ>で売っていると聞いてさっそく買いに行く。

f:id:lovestamp:20180515203247j:plain

嬉しくなって3つ買ったよ、1個180円。まわりは固くて、中はクニュクニュ。洋酒の香り。そうそうこれだよ!とパクつきながらも、私にはまわりの固さが物足りない。もっとガリガリに固い方が好み。歯が立たん!というくらい。私的ベストは<ルノートル>のカヌレなので、いつか、もう一度食べようと心に誓う。

それにしても、スイーツの流行って何なんでしょう。そもそも、一体いつから「スイーツ」なんて軟派な単語が市民権を得たのやら。いや別にいいんだけど。「お菓子」じゃだめなのかい?ティラミス、クレームブリュレ、ナタデココ。パンナコッタ、ベルギーワッフル、クイニーアマン。エッグタルト、ショコラ、マカロン。うむ、ひととおり全部食べてる。クイニーアマンも、ルノートルでよく買ってたな。

すべてはおいしさのために

すべてはおいしさのために

  • 作者: オーボンヴュータン河田勝彦,水野恵美子
  • 出版社/メーカー: 自然食通信社
  • 発売日: 2018/01/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る