旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



桜の花を追って、小田原・身延を訪ねる旅

かねてより計画していた桜旅は順調に進行中。開花状況をにらみつつ、週末ごとに花から花へ飛び回っている。行く先々で出会う桜はみんな明るくて凛としていて圧倒的。胸が騒いで不思議なドキドキに満たされてしまう。ああ、春の気分と桜って、どうしてこんなにもよく似合うのか。

まずは鈍行列車を乗り継いで、老齢の一本桜を訪ねる。

3月30日、神奈川県小田原市。長興山紹太寺の枝垂れ桜は今が盛り。

f:id:lovestamp:20180516100126j:plain

再び列車で移動し、同日、山梨県身延町身延山久遠寺の枝垂れ桜は煙るような細い雨に霞んでいた。

f:id:lovestamp:20180516100148j:plain

 

樹齢300年とか400年とか、それだけの時間を生きるというのはどういうことだろう。桜の回りはしんとしていて、ただ花びらだけが静かに降っている。いまここで目を閉じて開けたら、世界が桜色に染まっているかもしれない。いまここで祈れば、どんな願いも叶ってしまうかもしれない。次なる桜旅は、京都に続く。

f:id:lovestamp:20180516100211j:plain