旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



穂村弘『にょっ記』を読む。この人は、変態なのか天才なのか?

f:id:lovestamp:20180515214915j:plain

穂村弘『にょっ記』(文藝春秋)読了。

私が崇拝するこの歌人は、一体世界がどんな風に見えてるんだろう?というような視点を持っている人。この本は、日記の体裁をとったエッセイのような短編集のような、最後まで何かがずれてる変な読み物だった。穂村弘、変態的天才!と思った。もしくは、天才的変態。たぶん、どっちも当てはまる。

にょっ記 (文春文庫)

にょっ記 (文春文庫)

 
にょにょっ記 (文春文庫)

にょにょっ記 (文春文庫)

 
にょにょにょっ記 (文春文庫)

にょにょにょっ記 (文春文庫)