旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。


金沢市野田のカフェ【Horita205】で、能登栗のモンブラン

先日初めて出かけた金沢市野田のカフェ【Horita205】。八百屋が母体で、ケースには季節のフルーツを使ったケーキがずらりと並んでいる。この時期はメロンメロンメロンメロンメロン桃マンゴーアメリカンチェリーという顔ぶれ。その中で選んだのは、能登栗のモンブラン。旬でもフレッシュでもない。来るまで忘れてたけど、私は生のフルーツがあまり得意ではないのだった。(えっ!?)


f:id:lovestamp:20240626213505j:image

サクサクタルトに生クリームとマロンクリーム、丸ごといちごも隠れてた。上にはたっぷりのマロンペースト(栗のいがいがを表現してるんだろか?) しっとりして香りがよく、とてもおいしかった。いつだって栗ラブ。

 

平日14時に行ったのだけど、8人ほど待っていて(店内に待合スペースあり)着席まで30分くらいかかった。店は高台にあり、一面の窓から景色を見渡せていい雰囲気。野菜いっぱいのランチプレートやサラダもおいしそうだった。

テイクアウトのケーキを選んでいたおじさんが、「どのケーキがおすすめ?」「店はいつからやってるの」「ほかにも店舗があるの?」と店員さんにやたらと質問しており、あとから夫が「意外とああいう人がミシュランの覆面調査員かもしれん…」とつぶやいていた。あるかも。

Patisserie & Parlor Horita 205 金沢市野田2-202