旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



炊きたてご飯にスミヤの焼豚のっけ丼

私の甘いもの趣味をよく知っていてちょいちょいパンやカヌレやケーキをくれる素晴らしき知人が、「はいどうぞ、あげる。誕生日だよね?」と言いながら無造作にくれたもの……

昔なつかしいインクの香りがしてきそうなレトロ包装紙。和菓子かと思わせて、なんと焼豚だった!! スミヤ精肉店というこの界隈では有名な店のもの。名前は知ってたけど買ったことない&食べたことない。「いつも甘いものだけど、たまにはいいでしょう」と言いながらのこのチョイス、確かにすごくよい。嬉しい変化球。

こぶしより一回り大きいくらいのかたまりの焼豚が入っていて、別の小袋にタレが付いていた。「食べるぶんだけスライスし、少し温めると美味」との説明書あり。そのとおりにしてご飯にのせ、タレをかける。

こんなの美味しいに決まっておる。赤身と脂身のバランスがよくて、やや温まった脂身と甘辛タレがごはんにとろとろとからむ。アラフォーの身でガツガツ食べてはならぬ…と思いつつ、箸が進みまくる危険な味であった。実によいプレゼントをもらったなー。誕生日に焼豚って、大人だな。

 

スミヤ精肉店 http://sumiya-yakibuta.com/

石川県白山市井関町ヌ51-10 

※井関町「ヌ」。地名にカタカナorひらがな1文字を使うのは石川県ではよくある現象。ほかにもわんさか例がある。全国的に見たら、誤字かと思うよね。