旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



石川の冬。お正月の福梅と、駆け込みの香箱ガニ

顔なじみの和菓子屋さんでみたらし団子とずんだおはぎを買ったら、「おまけしとくね」と言って福梅をくれた。石川県ならではだな。福梅は石川県で食べられる正月菓子。梅の形の紅白もなかにあんこが入ってる。今の時期だとたいていの和菓子屋さんにあるし、どこのスーパーでも平積み状態。もちろん、うちでもお正月に食べるぶんをすでに購入済み。

それからもうひとつ、石川の冬といえばカニである。漁の解禁以降、食べたいと思いながらもタイミングを逸し続けていたのだが、そろそろ禁漁が近いのであわてて買ってきた。シーズン終わりぎりぎりの、香箱ガニ~~~!

殻をむいて食べやすい格好になってるのが、2杯で1580円だった。日常の範囲内のささやかな贅沢。今夜の家ごはんは、カニとおでんだった。いよいよ年の瀬の冬の夜。