旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



魅惑の昼ごはん、こぼれんばかりのずんだおはぎ

朝、家からおにぎりを持って出勤。昼休み、サラダやお惣菜を買いに近くのスーパーへ。ミックスビーンズの梅肉和えとか、鶏むねと野菜の煮浸しとか、ヘルシーかつ低カロリーなものを手にとってレジに向かう。が、途中で、大変なものを見つけてしまった。

ずんだ!!!!! しかもなにこの量は!!!

商品名「こぼれずんだおはぎ」、確かに確かにそのとおり。好きなもの五本指に入るくらいのずんだ好きとしては見逃せるわけがない。いかにもスーパーの惣菜や刺身が入ってそうな、派手な謎模様のトレイに入ってるのも嫌いじゃない。これは、豆だの鶏むね肉だのを食べてる場合じゃない。惣菜たちをあっさり返却し、迷うことなくずんだおはぎを買って意気揚々と職場に戻ったのだった。ずんだ愛 > 健康意識。

というわけで、ずんだおはぎをおかずに、おにぎりを食べる。なにかが間違ってるような気がするけどまあいいだろう。

一口サイズのおはぎが5個、その上にずんだがどっさり。「こぼれずんだ」の名に恥じることのない、超大盛りであった。おはぎが先になくなってしまい、終盤はずんだのみをすくって食べ続けることに。ちょっとこれは、相当なずんだ好きじゃないと食べきれない量ではないだろうか。私はぜんぜん問題ないけど。ほかに買う人はいるんだろうかと勝手に心配してしまう。売れゆきが気になる&季節ものだし短期間で姿を消しそうなので、明日もまた、見に行ってしまいそう……。

▼過去のずんだ記事。そろそろ「ずんだ」カテゴリを作ろうかしらん。