旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



解禁の香箱ガニと、ビリヤニと

11月6日、カニ漁解禁。石川県下のスーパーでは今日11月7日から店頭に並び始めたのでさっそく買ってきた。小ぶりの香箱ガニ、2つで700円くらい。お手頃。

f:id:lovestamp:20211107224609j:plain

やあ、一年ぶりだね、元気にしてた?

 

f:id:lovestamp:20211107224650j:plain

細い脚の身も、端までしっかりほじくって盛り付け。久々のカニはおいしかった。小さいサイズだったのであっという間に食べてしまい、まだまだ全然物足りない。ねっとり濃厚な内子やミソを味わうという点では香箱ガニに一票だけど、カニ脚をもっと思う存分食らいたい、かぶりついて甘みや弾力を味わいたいという衝動がわいてきた。次はズワイガニだな。

ところで今日の夕食、家にあるものを並べたら居酒屋みたいなメニューになった。

・香箱ガニ

・おでん

・揚げ出し豆腐

・かぼちゃの素揚げ

ここまでは和風居酒屋って感じだけど、

・主食 チキンビリヤニ ←これだけが異彩を放ってる。

ビリヤニは夫が作るのにハマっており、月1~2回登場する。「カニやおでんには白ごはん一択でしょ、カレー味をあわせたら口の中めちゃくちゃになるわ」というのが私の本心だったけど、食べてみたら別にそんなことなかった。意外にも、どれもこれもケンカすることなくおいしかったし、そもそも私はビリヤニが好きなのであった。頑固な思い込みなんて何の得にもならないね。結果、誰よりもビリヤニをおかわりした私でした。

今週のお題「赤いもの」