旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



野々市【ニオール】で生ハムとモッツァレラのトラディションサンド

f:id:lovestamp:20211005225500j:plain

しっかり噛みごたえのあるパンが食べたくて、野々市の「ニオール」へ。

午前11時、サンドイッチのケースには、ツナマヨ、エビマヨ、チキン、イカ明太、生ハム&マンゴーなど数種類。どれも800円前後。そんじょそこらの店とは一線を画した高価格パンだよなーと悩みつつ、生ハム&モッツァレラ&ルッコラを選んだ。税込み702円。まあ、カフェのイートインだと思えば高くもないか。

味は、間違いなくめちゃくちゃおいしかった。トラディション生地の皮はかため、中は弾力があってかみしめるたびに旨みがあふれる。パンの断面にぬられたオリーブオイルの香り高さたるや。塩気のある生ハム(正確にはプロシュートクルード)やモッツァレラとの相性が最高。それをルッコラの香ばしい苦味がひきしめて、どこをどうとっても非常に素敵な組み合わせ。702円、納得だった。高いだけの価値はあった…!と満足感に浸った。

ほかにもおいしそうなパンがたくさんあったけど、2個で1000円オーバーはパンとして気軽に買える値段じゃないなーと思って今日はやめた。でも、たまの贅沢として、充足感とのコスパを考えたらぜんぜん悪くない。

あんバターのサンドイッチもおいしそうだった。金沢市「OFUKU」製の粒あんと、厚くスライスされたバターが詰まっていた。確か500円くらい。次回は、カロリーも値段にも臆することなくほしいパンを2個でも3個でも買うぞ! ささやかな目標。