旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



待ってましたの秋メニュー、スタバの焼き芋フラペチーノ

f:id:lovestamp:20211002145231j:plain

スタバの焼き芋フラペチーノ(トール650円)。エクストラホイップ。

期間中になんとしても飲みたかったので、売り切れになってなくてよかった。おいしかった。

全体的に、期待を裏切らないさつまいも感。ドリンクのベースもそうだし、シロップもトッピングもさつまいも。カップの底にもたっぷりシロップが入ってる。中にはややホクホクしたさつまいも、上にはカリカリのさつまいも。さつまいも好きにはとてもおいしいフラペチーノだった。大満足。ただし最初から最後までひたすらしっかり甘いので、甘いのに自信がない人は途中でつらくなるかもしれない。私は問題なし。ただ甘いだけじゃなくさつまいもの味があっての甘さだから、「ああ、さつまいもおいしいわー、好きだわー」としみじみしながらいただきました。それにしてもこの段落、「さつまいも」という単語が多すぎだな。(ちなみにこのときは、吉村昭『破獄』を読みながら。昭和はじめ、刑務所に入れられながら4度も脱獄に成功した実在人物をモデルにした小説。さつまいものほっこり感とは対極のセレクト)

 

しかしスタバの単価って本当に上がった。調べてみたら、

キャラメルフラペチーノ、抹茶フラペチーノ(トール)は2002年441円→2021年583円。

カフェモカ(トール)は2002年357円→2021年484円。

チョコレートスコーンは2007年210円→2021年286円。

高いなー!

スコーンやケーキやコーヒーは、スタバじゃなくても別の店で買えばいいわと思う。でもクリーム盛り盛りのフラペチーノはスタバじゃないと飲めないので、気になる新製品が出る折には足を向けたくなるのだった。ああ、焼き芋フラペチーノ、おいしかった。

 

▼2020年は「大学芋フラペチーノ」だった。

www.tabitoko.com

▼その前2019年は、「スイートポテトフラペチーノ」。まあ、毎年おおむね同じ味。

www.tabitoko.com