旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



クリームを味わう、野々市【ニオール】のフルーツサンド

f:id:lovestamp:20210611223700j:plain

野々市のおしゃれすぎるパン屋さん、ニオールのフルーツサンド。片手ではおさまらない堂々たるサイズで、なんといっても圧倒的なクリームの量に目を奪われる。フルーツはどこ? パンとクリームのバランスどうなってるの? そしてこれ、どうやって食べるのが正解なの?

この日出ていたフルーツサンドは、小夏(柑橘)。税込み670円。上等なケーキが買える値段だよ、っていうかこれじたいがもはやケーキ。

f:id:lovestamp:20210611224646j:plain

中はこうなっている。小夏の房がどっさり、その上にオレンジ味のカスタードクリーム、そしてホイップクリーム。ホイップはふわふわと軽い口溶けでムースを食べているみたいだった。あっさりしているのでどんどん食べられる。パンはこれ、何という種類なのだろう、薄くて水分少なめ。マイナスの意味ではなく、単に正直な感想としてパサパサした生地だった。小夏のあふれるジューシーさと2種のクリームを包み込むにはこれがベストなのかも。見た目は相当なボリュームだけど難なくペロリと食べきって、ああもっと食べたい、と思えるフルーツサンドでした。

人気商品らしく、購入は1グループ1個までという条件付きだった。平日のある日、開店1時間後に行ったらケースに2つしかなかったんだけど、早々に売れたのか、もともと作る量が少ないのか。いまフルーツサンドとかマトリッツォが流行ってるからその影響かな。