旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



白山市【もく遊りん】のピザと、石川県ふれあい昆虫館

ピザを求めて「もく遊りん」へ。木組みの開放的な店内でパリパリ窯焼きピザが食べられる良きお店。席の予約不可なので開店の11時をめがけて行った。すでに順番待ちの名簿が出ており、10時50分時点で7番目。そのあともお客さんが続いていた。人気店。

大人4名+2歳児で5枚を注文。たくさん種類の種類を食べるため、ピザの店には大人数で行くに限る。トマト系、クリーム系、オイル系、デザート系などメニューいろいろ。取り分け用のお皿や子ども用のスプーン・フォーク、子どもイスもある。ピザは5分おきくらいに1枚ずつ運ばれてきた。急ぎすぎず待たされず、ちょうどいいタイミング。

f:id:lovestamp:20211112233124j:plain

舞茸とサーモン。

 

f:id:lovestamp:20211112233237j:plain

ハムときのこ。

 

f:id:lovestamp:20211112233314j:plain

バジルベースにシーフード。

ほか、ブロッコリーとアンチョビ、ツナとトマト。生地はパリッと薄くてさくさく。チーズもソースも全然くどくなく、具の味や食感、焼きめの香ばしさが際立っていて、実に軽快にむしゃむしゃパクパク食べた。他の人が満腹になりペースを落とすなかでも私の手と口はとどまることを知らず、1人で1枚半かそれ以上を食べた。どれもこれもおいしくて幸せであった。

◆もく遊りん 石川県白山市八幡町1-6

 

もく遊りんの前には、すぐ近くにある「石川県ふれあい昆虫館」に行っていた。ふれあいと言いながら、今はコロナの影響でふれあい体験はできなくなっている。私は虫が苦手、夫は大の虫好き、子は虫に興味があり見るのは好きだが決してさわろうとしないタイプ。正直、ふれあいがなくなっててよかった…と思ってしまった。

子が楽しめればいいな~と思いながらの初訪問だったのだけど、結果、私もなかなか楽しめた。虫のいるさまざまな自然環境の模型展示とか、昆虫標本とか。そこにあるのは作りもの、あるいは乾いて動かない虫たちなので、虫というよりは作品として、落ち着いた気持ちで見られたのがよかったのかもしれない。ふいに動いてこっちにくる、っていう心配がないからな。

別館に蝶の温室があった。外は20℃以下で寒い日だったけど、温室内は25℃くらい。赤や黄色の花が咲き乱れ、鮮やかな模様の蝶があっちにもこっちにも舞っており、ここは天国かな…?と思うくらいだった。蝶も別に好きではないのだけど、人より多い数が花から花へひらひら舞って、なんだか異世界のような幻想感があったなあ。

f:id:lovestamp:20211112235317j:plain

蝶温室。天井の高い室内にスロープがジグザグに作られていて、下から上に進んでいく。意外なほど奥行きがあって広く感じられた。

f:id:lovestamp:20211112235537j:plain