旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



夏の終わりと秋の気配の三連休

土日+敬老の日の三連休。しばらく低めだった気温が30度まで上がって暑くなった。朝夕のひんやりした空気と日中の蒸し暑さの体感差が大きくて、毎年のことながら着るものに悩む時期である。

 

f:id:lovestamp:20210920162357j:plain

「海が見たい」という夫の提案により近場の海浜公園へ。海が見たいだなんて、妙に感傷的だなぁ。日々、疲れているのかい? 浜辺はがらーんとすいていて、波打ち際で遊ぶ親子が2組いるくらいで、静かなものだった。 子どもを抱いて砂浜を歩くと、自分ひとりのときよりも一歩一歩が砂に深く沈むことを発見。当たり前のことなんだけど。ずぶずぶと靴を砂に埋れさせながら、これが子どもひとりぶんの重みか、と思った。

 

土曜日、さつまいもあんのたいやきを買った。日曜日、義実家の畑でさつまいも掘りをし、さつまいもあんのどら焼きを食べた。さつまいもとじゃがいも入りの肉じゃがを作った。そして本日月曜日、さつまいもの蒸しパンを買って食べた。どんだけさつまいもが好きなのか。

 

f:id:lovestamp:20210920162405j:plain

ベランダの朝顔はまだ健在。小さな鉢のなかで連日2つ3つの花が咲く。夏のイメージだけど、実際は9月、10月になっても結構咲いてたりする。でもなんとなく、真夏に比べて色や大きさが控えめというか、「そろそろシーズンも終わりなのでひっそり咲かせていただきますね……」的な遠慮深さを感じる。