旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



今だけの味、高級梨「加賀しずく」のカスタードパイ

f:id:lovestamp:20210904234241j:plain

加賀しずくのごろごろパイ(540円) メープルハウスにて。

加賀しずくは石川県生まれのブランド梨。ずっしり大きくてジューシーで、8月下旬から9月中旬までの短い期間しか販売されない。大きさと品質を守るため、1本の木からとる数は通常の梨の6割程度。おねだん1つ1000円~という高級品。

その加賀しずくをつかったケーキを求めて向かったのがメープルハウス。ざくざくのパイ生地にカスタードクリーム、その甘さに負けない加賀しずくの強い甘みとみずみずしさ。大きくカットされた実は食べごたえがあってとてもおいしかった。梨とカスタードクリームって合うんだなあ。

 

子どもからうつされた夏風邪が長引いている。喉の痛みに加え、はなみずがとまらないこと一週間。鼻のかみすぎにより片耳が詰まったような嫌な感じにないる。数日経ってもよくならなければ耳鼻科に行こうと思っていたけど、これは一日で解消した。よかった。

しかし体調不良は本当にいかん。気持ちも育児への熱量も落ちる。こちらの体調不良なんてお構いなしに子どもが投げかけてくるいつもどおりの要求(「抱っこして」「本よんで」「ごはん食べさせて」「あれして」「これして」…のエンドレス)に、にこやかに対応するのが無理。しんどいんで手加減してもらえませんかね?というのが自分の言動ににじみ出てしまう。

いつもは子どもの昼寝中、ここぞとばかりに家事や自分の時間をもつようにしてるけど、今日は私も一緒に2時間ほど寝た。そしたら体力がだいぶ回復して、同時に気力もよみがえってきたような。睡眠は偉大。今夜も早めに休むぞと思っていたのに、あれ、気づいたら24時30分だ。もう寝る。