旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



100円手ぬぐいで子ども服づくり&再びあの子とペアルック

前々から、100円ショップに行くたびに思っていたこと。かわいい柄の手ぬぐいがいっぱいあるなー、これで子どもの服を作ったらかわいいだろうなー。薄くて乾きやすい素材だから、四六時中汗をかいている子どもの夏服にぴったり。そう思いつつ日は過ぎ、気づけば8月も後半になっていた。うかうかしてると秋になってしまう。早く作って、暑いうちに着せるぞ!とやる気を出した。

 

f:id:lovestamp:20210822151005j:plain

セリアの星柄手ぬぐいで、上下のセット。普段着のつもりで作ったんだけど、こうしてみるとパジャマ感ある…。手ぬぐい1枚でシャツを、もう1枚でハーフパンツを作った。シャツの首周りは伸縮性がないので、脱ぎ着しやすいよう左肩はスナップボタンをつけた。首周りの裏地は、生地が足りなかったので別の手ぬぐいで。ちらりとのぞく水玉がステキ!と自画自賛。

▼ハーフパンツはこちらのサイトを参考にした。超簡単。手ぬぐいのもともとの縫い目を活かすので、自分で縫う部分がめちゃくちゃ少なくてラク。30分ほどで完成。

https://kobilog.org/diy_tenuguipants/

 

f:id:lovestamp:20210822152457j:plain

もう1着、丈長めのパンツ。これは、星柄パンツより手間も時間もかかる型紙で縫った。体の形にあった動きやすいデザインかなと思ったので。所要時間は2時間くらいかな? しかし結果的に、手間がかかるわりには着せたときの仕上がりに大差ない感じ。確かに細かい部分の見た目はいいんだけど、ひと夏しか着ないんだからそこまでこだわる必要はなかったな。使った手ぬぐいは1.5枚分。残りはリカちゃんのワンピースになった。誰も得しないペアルック♪ 私だけが満足してる笑。

とにかく生地が軽くて薄いので、見るからに涼しげでよい。逆に言えば、白っぽい手ぬぐいだと肌やおむつが透けて見えそうなので注意。

 

▼ちょうど一年前にも同じようなことしてました。

www.tabitoko.com