旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



脳みそが溶けそうな暑さと、金沢つば屋の「和リトッツォ」

連日、地獄のような暑さ。暑すぎる。ちょっと外を歩いているとマスクの下が汗やら何やらで滝のようになる。苦しい。早く夏が終わってほしい。冬の初めくらいの季節に一気にワープしたい。切望。

通勤途中にコンビニでペットボトルの紅茶を買った。職場に着いていざ飲もうとしたら、なにこれなたかまうりささし、買った覚えのないものですけど? どうやら、買うつもりのペットボトルの隣の商品をレジに持っていったらしい。そんなつもりも記憶もなかった。ぼんやりしているのはきっと暑さのせい。

仕事から帰ってきて、今度は冷たいカルピスが飲みたくなる。グラスにカルピスの原液を入れる。続いて、冷蔵庫のドアポケットから炭酸水のペットボトルを取り出してドボドボと注ぐ。途中でなにか違和感を覚える。ハッとして手元を見ると、注いでいたのは炭酸水じゃなくて料理酒だった。なんてこった。カルピスの料理酒割り、いっちょう! ……いらんわ。これもまた暑さのせい。

 

f:id:lovestamp:20210721223802j:plain

暑いときでも、甘いものはおいしい。職場の心優しいひとが「冷蔵庫にいいものがあるよ、あとで食べてね」とプレゼントしてくれたのがこれ。

どら焼きの皮でクリームをはさんだ、その名もマリトッツォならぬ「和リトッツォ」だって。金沢の和菓子店「つば屋」のもの。クリームの下にはたっぷりの粒あん。おいしいに決まってる組み合わせ。正直、「生クリームどら焼き」といってしまえばめずらしくもなんともないんだけど、クリーム至上主義の私にとっては、マリトッツォブームに乗っかって世の中全体がクリーム増量傾向にあるのは歓迎すべきことであるよ。