旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



未来のお花博士とお散歩

子どもと過ごすゴールデンウィーク。大きな施設や人の多い場所には行けないけれど、近所の散歩もなかなか楽しい。

子は道ばたの小さな草花が好きで、足を止めては「これ、なんのお花?」とか「もうすぐお花さく?」と聞いてくる。聞かれても知らないことがほとんどで、とりあえず「ちょっとわかんないなぁ、今度調べておくね」と答えがち。そしてその後、調べることなくそのまま放置しがち。反省。

今日は「なんのお花?」と聞かれたとき、「ひとつ持って帰っておうちで調べてみよう」と提案した。前進。

f:id:lovestamp:20210502232209j:plain

よく見かける黄色い花2種類。図鑑を見ると、カタバミとタガラシだった。なるほど。名前を認識すると存在が一気に身近になるなあ。

子どもにも私にも、花の知識が2つ確実に増えた。子はきっとすぐに名前を覚えて、そのうち自分から「これはカタバミのお花」って言い出すだろう。私も、「今度調べるね」ではなく、興味や疑問をもったときにすぐ調べる姿勢でいよう。明日は、どんな新しいお花を見つけられるかな。