旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



兼六園に石川門。今が見頃の金沢桜さんぽ

全国の例にもれず、金沢も桜の開花が早め。兼六園では本日27日から無料開放が始まった。今が見頃だというし明日は雨の予報。行くなら今日でしょう、ということで金沢街中を散歩してきた。桜は全体的に五分咲き~満開。ぽかぽか陽気で青空で、ぶらぶら歩くにはベストな一日だった。

f:id:lovestamp:20210327230115j:plain

四高記念館前。赤レンガ建築の風情がいい。散策路に人は少なめ。

 

f:id:lovestamp:20210327230507j:plain

兼六園内。人はまあまあ多かったけど、「混んでる!」というほどではなかった。有名撮影スポットのことじ灯籠には人が多少集まっていたけど、例年の最盛期に比べたら全然だと思う。観光客より地元の人が多そうな印象(レンタル着物姿の人とか自撮り棒持ってる人とかほとんど見なかった)。

 

f:id:lovestamp:20210327231204j:plain

石川門。車道をまたいで高い位置に歩道橋が架かっていて、桜の花と同じ目線または花を見下ろす角度で歩ける。花に浮かんだような城門が絵になるなー。

心配していたほどの密状態はなくて一安心。穏やかな春の日によい風景を見られてよかった。できれば金沢城公園でレジャーシートを広げてお昼を食べたかったけど、屋外飲食は禁止されていたのが残念。まあ、このご時世では仕方ないか。明日の雨のあとも、まだしばらく花がもつといいなあ。