旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



野々市ジョアンのパンと、パンすらかめない私の歯

f:id:lovestamp:20210211230214j:plain

野々市にある人気パン屋さんジョアン。いつ行っても大盛況、パンの種類がめちゃくちゃ多くて(公式ページによると150種類)値段も手頃で、棚の前で目移りがやまなくなる。

治療中の歯が痛くて前歯でかみきれない&奥歯で固いものがかめないという切ない状況なので、柔らかいことが何より最優先。サンドイッチやバーガーなどのかぶりつく系は無理、バゲットやベーグルはかたすぎ、ナッツやドライフルーツ入りもかみにくいし…と消去法でみていくと選択肢が少なくて困った。パンは150種類もあるというのに。

手前の丸いのはツナパン、具がぎっしり詰まっていてじゅうぶんな満足感。生地も中身も柔らかく、手でちぎって食べやすかった。左はチーズクリームと柚子あんのサンド。柚子あんがさわやかな香りと甘さでとてもおいしい。パンはソフトフランスで今の私にはちと固くてつらかったけど、柔らかいパンだと勘違いして買ってしまった自分が悪い。パンに罪はない。真ん中はガーリックバターを塗り込んだバゲット、これは太刀打ちできないレベルのかたさなので夫用に。家でトーストしたらガーリックがものすごくいいにおいで食欲をそそられまくった。早く口内環境をなおしてバリバリとかみつきたいものだ。右奥のふかふかしたのはコーヒー生地を練り込んだパン。ふわふわしっとりで美味であった。

どのパンもはずれなしの安定感。しかし歯の痛さが食べる楽しみを邪魔してくる。このあとさらに痛みが増して、次の日の朝、ジョアンで買ってあったロールパンを食べようとしたらそれすら痛くて無理な事態になってしまった。歯にものが触れるだけでフギャッ!てなるのでスープに浸して飲み込んで食べた。実に不自由で苦しい。もはや拷問。あらかじめ歯医者にて「数日間は痛いけど我慢」と説明されてはいたものの、ロールパンがかめなくなるほどとは思わなかった。

わたし、この痛みがおさまったら、またジョアンに行って柚子あんフランスを買うんだ…。ニオール(ハード系パンが激うまなお店)にも行って、ドライベリーがいっぱい入ったパンを買うんだ…! その前に、明日の朝はまた浸しパンかお茶漬けか。ああ切ない。