旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



栗きんとん、モンブラン、マロンタルトアイス

秋といえば栗、栗といえば秋。一年のなかでも今しかない、栗ラブ!な日々が続いている。

◆栗きんとん

先日買った生栗は、半分は栗ごはんにして、もう半分は栗きんとんにした。おせちに入ってる黄色いものではなく、茶巾絞りのほろほろしたタイプの栗きんとん。平日の朝、出勤前に思いついて作りたくなり、我ながら「なぜ今なの!?」と自問しつつ、ものすごい手際の良さとスピード感でもって作り上げた。

f:id:lovestamp:20201003215511j:plain

ゆで栗をすりこぎでつぶしながら汗が吹き出てきた。「私は朝から何をやっているのだろう、これはマジで遅刻するかもしれん」と焦りつつ、すりこぎですりすり、砂糖を加えて鍋でねりねり、ふきんで包んでキュッとひねってできあがり。後片付けも早々に、ひとつふたつを口に放り込み、うんめーーーー!!!!と心のなかで叫びながら家を出た。(なんとか遅刻はまぬがれた)

 ◆モンブランロールケーキ

f:id:lovestamp:20201003220146j:plain

用があって義実家に立ち寄る手みやげにケーキを買っていった。義両親も夫も私も、和洋を問わず甘いものが好きという共通点があるので、おやつ選びは非常に楽しい。私はもちろんモンブラン。ケーキの中にも上にもマロンクリームと渋皮煮が使われていて、どこを食べても栗づくしのおいしさだった。ちなみに背景は世界地図。義実家のダイニングテーブルには透明のカバーが掛かっていて、その下に大きな世界地図がはさんである。夫が世界の地理に詳しかったり海外旅行が好きだったりするのは、小さい頃から日常的に世界地図を目にする環境で育ったからなのかなーと、これを見るたびに思う。その夫の手により、現在の我が家の壁には大きな世界地図と日本地図が貼られている。ふだんから見ながら話しかけていたら、1歳半の子どもが自分で「ちず」という単語を発するようになった。これは将来、地理博士になるかもしれん。

◆ハーゲンダッツのマロンタルトアイス

f:id:lovestamp:20201003221629j:plain

アイス全体をコーティングしているチョコレートの中にサクサクのクッキーが混ざっていて、この食感がどうにもこうにも絶妙で最高。初めて食べたとき、「この感じは覚えがある。ああっ、マロングラッセだ!」と思った。口を開けてかむ。歯が、クッキーのサクッ&シャリッとした感触をとらえる。そのまま、ねっとりとしたアイス部に達する。この、ねっとりの直前の「サクッ&シャリッ」が、マロングラッセをかんだときのお砂糖コーティングに似てる。好き……! そして口の中に広がるマロンとラム酒の香りよ。最近食べたアイスの中では抜群に感動した。私が栗好きだから、という加点フィルターの効果もあるかもしれないけど。

= 広告 =

 

お題「手作りしました」

お題「大好きなおやつ」